アチューンメント テキストの内容について

ヒーラー育成の教材の内容

教材各ヒーリング・ステップに対応したテキストを配布します。テキストはPDF、音声はMP3とm4aを配布しております。トータル受講時間は1時間半〜2時間です
■トータルページ数

 

ステップ1 100〜120P
ステップ2 120〜140P
ステップ3 140〜160P

 

※ヒーリングの種類により異なります。

 

<マニュアル1 ヒーリングとは>
・創始者プロフィール
・ヒーリングの意味
・ヒーリングとは
・ヒーリングの特徴

 

<マニュアル2 アチューンメントとは>
・アチューンメントとは
・アチューンメントの3つのステップ

 

<マニュアル3 ○○ヒーリングとは>
・○○ヒーリングとは
・○○ヒーリングの効果例
・○○ヒーリングの対応種類

 

<マニュアル4 ヒーリングの効果>
・ヒーリングの効果
・ヒーリングの効果の循環例
・効果を感じるまでの時間と回数
・効果に関する検証結果

 

<マニュアル5 エネルギーの感じ方と体感>
・エネルギーの感じ方について
・エネルギーを受けた時の体感例

 

<マニュアル6 好転反応>
・好転反応について
・好転反応が起こる理由と期間
・副作用と好転反応の違い
・好転反応の症状

 

<マニュアル7 ヒーリングの受け方について>
・ヒーリングの受け方について
・ヒーリングを受けない方がよいケース

 

<マニュアル8 ヒーリング準備>
・よりよい環境でヒーリングを行うために
・ヒーリング前に行うべきこと
・エネルギーを流すときのポイント
・ヒーラーとしての心構え

 

<マニュアル9 ヒーリングの流れ>
・ヒーリング全体の流れ
・グラウンディング
・プロテクション
・ヒーリングの行い方
・エーテルコードのカット
・お祈り

 

<マニュアル10 ヒーリングの行い方>
・○○ヒーリング方法について
・○○ヒーリングで使うエネルギー
・○○ヒーリングの時間・回数
・自己ヒーリングの行い方
・自己ヒーリング例
・手順の時間配分について 
・対面ヒーリングの行い方 
・対面ヒーリング例 
・遠隔ヒーリングの行い方 
・遠隔ヒーリング時のイメージ方法
・遠隔ヒーリング例

 

<マニュアル11 よくある質問>
・よくいただくご質問に回答しています。

 

<マニュアル12 対面ヒーリング> ※ステップ2以上
・他人にヒーリングを行う際の注意点
・トラブルを帽子するために
・ヒーリングを行う際の説明事項(1)(2)
・対面ヒーリングの練習

 

<マニュアル13 遠隔ヒーリング> ※ステップ3以上
・遠隔ヒーリングでの相手の特定方法
・遠隔ヒーリングを行う4つの方法
・リアルタイム遠隔ヒーリング
・過去や未来にエネルギーを送る
・エネルギーの設定方法について
・受けてが海外で時差がある場合
・遠隔ヒーリングの時間短縮
・遠隔ヒーリングの設定例
・コールインの設定について
・コールインの設定例
・様々なコールインの設定条件
・遠隔ヒーリングは相手に無断で行ってよいか?
・遠隔ヒーリングの練習

 

<マニュアル14 よくある質問> ※ステップ2以上
・対面・遠隔ヒーリング時のよくある質問に回答しています。

 

<マニュアル15 エネルギー伝授> 
・エネルギー伝授
・好転反応について
・エネルギー伝授の申込
・エネルギー伝授後の確認

特典教材

<特典1 エネルギーの体感を増やす>
・エネルギーの体感を増やす方法
・エネルギーを感じる練習方法
・エネルギーを感じる練習(1)〜(4)

 

<特典2 心身を浄化する10の方法>
・心身を浄化する10の方法(1)〜(4)

 

<特典3 チャクラについて>
・チャクラについて
・第一チャクラ・第二チャクラ
・第三チャクラ・第四チャクラ
・第五チャクラ・第六チャクラ
・第七チャクラ
・チャクラを活性化させる方法

 

<特典4 受け手の体のチェック方法>
・受け手の体のチェック方法
・チェックするときの感じ方
・相手の体をチェックする際の注意
・確信を深めていくために

 

<特典5 エネルギーグッズの作り方> ※ステップ2以上
・エネルギーグッズの作り方

 

<特典6 ペット・植物ヒーリング> ※ステップ2以上
・ペットにヒーリングを行う
・植物や花にヒーリングを行う

 

<特典7 一斉ヒーリング> ※ステップ3以上
・一斉ヒーリングとは
・一斉ヒーリングの設定方法例(1)(2)

 

<ワーク>
・アチューンメントを受けたみなさまへ
・ヒーリングを今後に活かすためのワーク(1)〜(4)